登場人物設定(読まなくても一章から読めば解かるようにはなってます。ネタバレ有り。)

フェリス…愛称「フェス」。灰色の翼を持つ有翼人。冥界で最も罪深い魂を浄化する冥王の直轄領『贖罪の森』の主。
冥界でも屈指の力の持ち主でその力は冥王配下の六人の王と同等クラス。
見た目まだ幼い少女で小柄で華奢な体格。本人は不本意なのだがいつもお嬢様スタイルをさせられている。
(195歳:人間年齢13歳)

ラドグリフ…通称「ラド」。天界聖獣軍の元小佐で穢れた者を焼き尽くすという光を放つ光の竜。
『三界不干渉の掟』を破り、52年前『贖罪の森』に眠る魂を襲ったところを フェスにより倒され、光の力を封印される。以来、500年の刑罰を受け、下僕としてフェスに仕えている。
普段は身長二メートルを越える竜人型を取っている。塔の家事を一切賄う万能家政夫。
冥界の罪人の証として短い鎖の付いた黒い首輪をつけている。
(竜故年齢不詳:人間年齢28歳)

モール…よれた白衣と無精髭がトレードマークの医師。塔に先代のころから間借りして診療所を開いている同居人。
優秀な魔法医でフェスの主治医も勤める。先代の森の主とは友人同士。
主だけでなく、森の戦士や住人等、多くの人を診ている。ラドの淹れるうまいコーヒーが好物。
(870歳:人間年齢58歳)

フラウ…モールの妻。優秀な助産婦、産婆さん。いつもはモールの助手をしているが、いざお産となると モールを引きずって、どこへでも飛んでいく姿が森の名物。
少女趣味で可愛いお洋服が大好き。 フェスのお嬢様スタイルは彼女の手作りの服のせいでもある。
(825歳:人間年齢55歳)

千之助…烏型獣人。『贖罪の森』を守る影烏一族の若頭。(戦士のまとめ役)
二百五十年前の『贖罪の森』の大襲撃で両親を亡くし、当時の若頭(現在は頭に就任)に 育てられた。頭の娘で兄妹のように育った女房、お千代がいる。
(345歳:人間年齢23歳)

アレン…狼型獣人。『贖罪の森』を守る銀狼族の青年。亡母は雪狼族の娘で、故に銀色の毛並みの銀狼族の中で 唯一純白の毛並みを持つ。
父は『贖罪の森』の大襲撃で亡くなった兄の後を継ぎ族長をしており、義母と少し年の離れた異母弟がいる。
影烏族の千之助(千)、ノーム族のギルとは幼馴染の悪友。
(330歳:人間年齢22歳)

ギル…小人族の一種ノーム族の青年。千之助、アレン同様『贖罪の森』を守る戦士で、ハンマーで地面を叩き衝撃波を起こす能力を持つ。
兄と『贖罪の森』の大襲撃で亡くなった父は一族でも勇者と呼ばれる、 戦士のリーダーだが、体格的に劣るギルは戦士としての能力は格段に落ちる。
幼い頃から戦士に憧れ、今は足りない力の代わりに頭脳と技術を生かし、兄の参謀役を務める。
千之助(千ちゃん)アレン(アーくん)とは幼馴染の悪友。母と兄夫婦、甥っ子と五人暮らし。
(315歳:人間年齢21歳)
二章より登場

ジャンヌ…浄化を拒む魂、幽人の青年。生前の人型の姿から犬型獣人の姿に変えられている。
生前の高い戦闘能力と豊富な実戦経験から冥王本人にスカウトされ、冥王直属の側近の兵士を勤め、同じく彷徨える魂・幽魔 がらみの事件を多く手がけ、『幽魔狩り』の異名を持つ。
貴賤、種族、身分を問わず150代から1,000代の大台までの女性を口説きまくるのが趣味。
生前はとある帝国軍で『殺人鬼』とまで呼ばれた兵士。自分達の命と引き換えに娼婦宿に売られた姉と妹を救えなかったことを今でも悔やんでいる。
(死亡年齢20歳:幽人になってからの年数80年)

雪之丞…ジャンヌ同様の幽人。冥王直属の側近の兵士でジャンヌとコンビを組んでいる。
生前の人型の姿からカエル型獣人に姿を変えられている。
一流の剣士で(ジャンヌより格上。竜人姿のラドと互角に戦える。)ジャンヌ同様『幽魔狩り』の異名を持つ。
愛刀名は水月。何故か女性を口説きまくるジャンヌを成敗するときハリセンを 召喚する能力を持つ。(どこから出すかは本人も解からない。)
元は某地方藩の下級藩士。藩の若君の藩改革の失敗に巻き込まれ自害させられている。 自分が切腹したことで死後、幽魔となり一級の指名手配を受けている親友(幽魔名・修羅)と戦う為 幽人となった経緯を持ち、今も修羅を探している。
(死亡年齢22歳:幽人になってからの年数188年)
四章より登場

エミル…冥界の南西マルセイヌ国の王子。フェス同様、冥界で屈指の力を持つ『王の子』。『慈母王』マリアンヌ女王の実子で同じ『王の子』の妹がいる。
250歳で冥界の南東ダルハン国のシェンダン王の世継ぎ、新しい『回顧の草原』の主として養子に来たが、ある陰謀から 三年間不遇な生活を送ることになる。
今はダルハン国の王の正式な後継者として認められ、守護者である雪狼族の村の戦士、オリバーの家に居候して、 草原の戦士達と新しい草原の主として『回顧の草原』の守護を務めている。
(253歳:人間年齢16歳)

デビット…狼型獣人。『回顧の草原』を守る雪狼族の青年。エミルが居候している家の主人、オリバーの一人息子で 『贖罪の森』の銀狼族の族長の息子、アレンとは従弟にあたる。
まだ新米の戦士だが、幼馴染のリッキーと組むとかなりの戦力を発揮する。指弾が得意。
エミルと『回顧の草原』に関わる事件が解決して以来、エミルとはお互い身分を越えた友人である。
(270歳:人間年齢18歳)

リッキー…小人族の一種シルフ族の青年。デビット同様『回顧の草原』を守る戦士で、弓で風を射る能力を持つ。
デビット同様、まだ新米の戦士で、デビットとのコンビネーション技が得意。
デビットとは隣村同士の幼馴染、エミルとは身分を越えた友人で四人兄弟の長兄のせいか、三人の中ではアニキ格。
ジュディという可愛い恋人がいる。
(270歳:人間年齢18歳)
五章より登場

カトリーヌ…愛称カトリ。冥界の南西マルセイヌ国の姫君。『慈母王』マリアンヌの二人目の『王の子』で、自国の次期女王。 母同様に『思慕の花園』の主を務め、冥界の南東ダルハン国の世継ぎ、『回顧の草原』の主エミルの実妹である。
普段は少年のような服装をした『花園の城のお転婆姫』として有名。大公だった亡父の明晰な頭脳と 祖母である先代女王の勝気な性格を受け継いでおり、国内の一部将校は彼女が将来女王になることを疎んでいる。
彼女を傀儡にしようとした元国軍1の将校の陰謀の際、再会した『贖罪の森』の主 フェリスとは以降姉妹のように付き合っており、彼女の良い姉、相談相手となっている。
(213歳:人間年齢14歳)

トニー…モグラ型獣人。『思慕の花園』を守る土竜族の青年。カトリの護衛兵士を務めている。 カトリにとっては身分を越えた一番の友人であり、兄のような大切な存在。
普段は王城の庭に勤めているが、こちらは世話した植物を必ず枯死させるという『悪魔の能力』 の持ち主で草むしりと落ち葉しか任せられない庭師見習である。
カトリを巡る陰謀で『贖罪の森』のノーム族のギルに力を借りて以来、彼を『先生』と慕っている。
(283歳:人間年齢18歳)

アリス…父親に連れられ『三界不干渉の掟』を破って捕らえられた魔族の少女。 『慈母王』マリアンヌの元で彼女の下僕として更生目的で百年の刑の処せられ、カトリの侍女を 務めている。
カトリを巡る陰謀で自らおとり役を志願し、それを見事にこなした功績で刑を免除、冥界に帰属し、 今は正式な姫付き侍女となった。
カトリの兄、エミルに恋心を抱いている。
(228歳:人間年齢15歳)

拍手小話・外伝五話より登場

ノーラ…冥界城の東の棟の管理責任者で奥付副侍女頭をしている侍女。
冥界城でも屈指の有能な侍女で、この棟に住む智将デュオスからは娘、雪之丞からは妹、ジャンヌからは 姉として慕われ、特にジャンヌとはプライベートでは身分を越えた本当の姉弟のような付き合いをしている。
気が強いが、優しい姐御肌の性格で、以前結婚式で花婿に逃げられた という苦い経験を持つ。
(375歳:人間年齢25歳)

七章より登場

テオ…冥界の南カターリナ国の『王の子』で次期王。元はカターリナ国の浄化地『追憶の海』に住む漁師で、現王ベルナルド と共に海の主を務める。
実は生まれつき読心力を持つ『海の子』で、そのせいで『贖罪の森』の主選びのとき周囲を 失望させる行動をしてしまい、以来長年その力を王宮で『理想の 王の子』を演じる為に使っていた。が、ルチアを巡る事件と巻き込まれた魂の少女との淡い初恋を経験してからは 元の自分に戻れるように努力している。
魔法作成の才能があり、今は月に一度、『魔道の塔』主導で魔法学の通信教育を受けている。
(243歳:人間年齢16歳)

泰造…魚人。『追憶の海』を守る青鱗族の戦士。青鱗族の特殊能力『潮呼び』の力は一族の戦士の 中でもトップクラスのベテランの海の戦士。
お人好しと呼ばれるほど気が良く、年下の者には甘いほど世話焼きで、 テオから兄貴分として「あんちゃん」と慕われている。
青年時代、両親を亡くして『罪人の娘』と爪弾きにされていたルチアを引き取り、愛情深く育て上げた。
鬼嫁と口では呼んでいるが仲は良い女房・里子との間に梶・潮・艫・渚の四人の子供がいる。
(480歳:人間年齢32歳)

ルチア…小人族の一種ウィンディーネ族の娘。泰造同様『追憶の海』を守る戦士で、矛で水を操る能力を持つ。
養兄・泰造とのコンビネーションを得意する、まだ若いが実力のある女戦士。
妻を幽人に殺された怒りから、守護者にあるまじき罪を犯した亡父のせいで『罪人の娘』と呼ばれ、一族から 爪弾き者にされていたが、泰造に引き取られ、泰造と泰造の家族の沢山の愛情を受けて、勝気な姐御肌の 娘として育つ。
愛らしい顔立ちと小柄な体躯に関わらず、豊満な体付きのせいで、ファンが多いが恋愛に関しては不遇。 それをつかれて亡父に意識を乗っ取られ、幽魔を操って罪を犯したが、半年の謹慎期間の後、テオの配慮も あり海の戦士に復帰している。
(255歳:人間年齢17歳)

ロベルト…ワニ型獣人。『追憶の海』を守る大顎族の戦士。海の戦士でも1の呼び声が高い戦闘力を 持つ。
結婚した今も大顎族一の美形として女性達の熱い視線を常に浴びているが、本人は活字が恋人の 活字中毒症。常に本を携帯して、時間があれば読んでいるせいで身体能力が高い獣人族なのに 普段は眼鏡を掛けている。
クールを装っているが結構な人情家、カフェを営む妻デイジーがいる。
(530歳:人間年齢35歳)

MENU inserted by FC2 system